日本型経営とワークシェアリング

できるかぎり日刊フルスイングもなんとか継続中です。

さて気になる柳町CLTビルです。
建て方にももちろん注目ですが、その運営にも力を入れなければなりません。
もちろん経済を活発化させなければならず、一つのエンジンとなればと考えております。
ワークシェアリングのような形。個々の力が連携し、より新しいものを想像する。
俺さえよければ、他人の足を引っ張ってもいい、その対極にある考え方です。
以前この構想「フラワー無限宇宙構想」(浜口命名)を高知工科大学の中村教授に、おびや町小路の名店「たに志」でお話させていただいたときに「ペイフォワードですね。」と要約いただきました。残念ながら映画を見ておりません。

知性とは個々の強みを生かして協力し合うことだと思います。
その方が利益が最大化する。その利益を社会に還元する。
これが出光佐三さんらが目指した日本型経営なのだろうと思います。
私は高知でもどこでも実現可能だと信じております。

柳町CLTビルはそんな世界が羨む経済の中心となってほしいと願っております。

[PR]
by takuyahamaguchi | 2017-02-24 18:25 | 日々のあれこれ | Comments(0)

浜口卓也 1980年高知市生まれ。高知学芸高卒、早大卒。一般社団法人フューチャーデザインと創造的教育協会 事務局長。ピグマリオンノブレス高知教室代表。高知市議会議員2期。


by 浜口卓也