高知市の経済は活性化します宣言!⑨

9月になり少し秋らしくなってきたが、まだまだビールのおいしい季節。

金曜は街頭演説の日ですね。今日もフィクサーと県庁前の交差点にてシャウト!

「お疲れさまでした。」
「浜口くん、お疲れ。今日は11月24日の場所探し行くんだったね?」
「そうですね。」
「高橋さん、おススメあるって言ってましたよね。」
「あるある。」
「高橋さん、いっつも飲んでますよね?羨ましい限りですわ。」
「そう見えるだけよ。実は結構、自炊してますよ。」

豆知識ですが、フィクサー高橋は独身貴族でございます。

「とりあえず、腹ごしらえしますか!」
「おおっ、いいですねえ。」
「今日は焼き鳥でぐいっといきたい気分やけど、浜口くん、いいかな?」
「いいっすよ。」

追手筋から北へ入った所にある焼き鳥屋さんへ。

「いらっしゃいませー。」店員さんの元気のいい声が響き渡る。

「とりあえず、お疲れー。かんぱーい。」
「お疲れさまでーす。」

ビールを一口飲んだ途端に、微妙に雰囲気が変わってくる。
2人とも饒舌に。

「いやー、高橋さん。僕はですね。高知に甲子園つくりたいって思ってるんスヨ。」
「ははあ。甲子園?ええっ!また大きく出てきたねえ。」
「なんつーか、強い力みたいなものがいる気がしてましてね。」
「確かに、確かに。」
「フジロックみたいな、何かの聖地があってもいいんじゃないでしょうかねえ?」
「ああ、言ってること分かるわ。聖地ね。」
「それで今回のイベントをそういう格好にしたいんですよ。」
「いいねえ!いいねえ!」
「政治っていうか、言論界っていうか。高知は歴史的にもいけるんちゃいますかね、って思って。」
「いける!いける!」

という感じで、ますます酔っぱらっていきました。

その日は、私のお友達の順ちゃんから「飲みにいこう」電話がありまして、フィクサー高橋、私、順ちゃんの3人で飲み倒して終わりました。

しかし、ここでの会話がこのイベントの展開を少しずつ変えていくことになるのです。
いやー、お酒も飲むもんですね。

後日、何を思ったか私はこのままの内容を上念先生に伝えました。

そのお返事やいかに!
a0156359_23104733.jpg

秋なので柿の写真です。特に意味はありません。
サザエさんのエンディング風です。結構サザエさん好きです。
[PR]
by takuyahamaguchi | 2012-10-09 23:13 | 活動記録 | Comments(0)

浜口卓也 1980年高知市生まれ。高知学芸高卒、早大卒。一般社団法人フューチャーデザインと創造的教育協会 事務局長。ピグマリオンノブレス高知教室代表。高知市議会議員2期。


by 浜口卓也