『風変わりな憲法』① 岡潔先生 1969年5月3日

 この、立ってしゃべりますと演説を打つという風になる。私はです。人によっていろいろですが、なると思う。今日は憲法についてのお話です。幸い、実に風変わりな憲法ですから、一遍よく考えてみたいと思う。それで腰かけてタバコも飲んで。(笑)それが真面目な話し方ですよ。(笑)違いますか?(拍手)私、どういう所へ船着くかわからない。ただ時間は切られています、一時間と。
 ともかく新日本憲法ですが、このような風変わりな、敢えて憲法とは言いません、文章を、私あまり読んだことがない。(拍手)新日本憲法の前文というのが中学校の社会科の教科書の、多分中級、二年位と思いますが、後に付いていた。読んでみた。そうしますとね、あそこになんて書いてあるかというと「利己主義で悪かったな、利己主義のどこが悪いのだ」と書いてある。いくら何でも、そりゃあ日本とアメリカと違いますが、どうせアメリカから示唆受けたんでしょう。いくらアメリカ人でも「利己主義のどこが悪い」っていうのは如何にも変だから、それで段々様子を聞いたのですが、これはイギリスに向かっての独立宣言の時の文章がお手本になっています。だから植民地アメリカの人達が、英本国のあまりの仕方に腹を立てて「利己主義のどこが悪いんだ」とそういう啖呵を切った。これでやっと分かった。
 それをそっくりそのまま内容的には取って来て、そして日本国新憲法の前文としたんです。この日本は千三百年、仏教の理屈でやってきました。それ以前は、大体、日本民族になってから三十万年、そういう理屈なしにやってきました。明治までは、その中に自然を浮べ、人の世を浮べている広々とした心が自分だと、はっきりこうなってたんです。明治以降、それが大分乱れ始めましたが、五尺の体が自分だとはっきり書いてあるのは日本国新憲法の前文が初めてです。真の自分といえば、その中に自然を浮べ、人の世を浮べてる広々とした心です。だから自然が喜んでおれば自分は嬉しい、人の世が喜んでおれば自分は嬉しい、一人でも悲しんでいる者があれば自分はひどく悲しい。これが真の個人という意味です。
[PR]
Commented by 廣田正邦 at 2012-11-11 21:23 x
岡潔の語る風変わりな憲法の音声あります
http://www.youtube.com/watch?v=CwyCfzsp7H8&feature=g-upl
もうひとつhttp://www.youtube.com/watch?v=QimqbTpPsWI&feature=g-upl
Commented by 廣田正邦 at 2013-01-16 13:56 x
ご丁寧なお手紙ありがとうございます。
岡潔の言葉には日本の誇るべきものがあると信じています
Commented by takuyahamaguchi at 2013-01-16 22:17
廣田様

先日はありがとうございました。あのような場所があるということは大変うれしいことです。これからもよろしくお願い致します。
by takuyahamaguchi | 2012-10-09 14:26 | 日々のあれこれ | Comments(3)

浜口卓也 1980年高知市生まれ。高知学芸高卒、早大卒。一般社団法人フューチャーデザインと創造的教育協会 事務局長。ピグマリオンノブレス高知教室代表。高知市議会議員2期。


by 浜口卓也