僕はこの人が好きです!

a0156359_1942146.jpg

九州シリーズのメインは佐賀県武雄市にて「樋渡市長に会うこと」。
インターネットで様々なサービスが出来ましたが、やっぱり直に人に会わなければいけませんね。

目に見えない力がある。気というやつですね。
私は選挙に出る前にふと、インターネット上に東大の卒業生からのコメントみたいなサイトがあって、たまたま樋渡市長のことを知りました。
それ以来、樋渡市長の動きをブログにてチェックしておりました。私のブログのリンクにはずっと前からありましたね。同じエキサイトブログだったというのもありまして。

とにかく行動する。動く。はっきりしているという感じですね。
私自身勝手に励まされてきました。
佐賀県武雄市というところは一見どこにでもあるような地方自治体です。人口も5万人強ですし。
でも、やればできるということをいつも行動で示していただいています。

私も同じ気持ちです。
大分県日田市の居川市議にお世話になって佐賀のインターネット番組に出演するため一緒に行く道中でずっと言ってたのですが、「田舎だったら都会より劣ってるのか?そんなわけない!」「へんな非常識が広がりすぎて常識になってるだけだ!そんな考え方を変えなきゃ!」という内容です。

地方と都会、市議会議員、政治、国、定義がおかしいですよね。なんとなくのイメージだけで決めつける。誰が決めたんですかね?
地元で働くなら、適当にだらだらやって、東京だったらめちゃめちゃ頑張る!国会議員はえらいけど、市議会議員はえらくないから適当な仕事でいいや、みたいなことです。
でもこんなことって常識になりつつある。それらをひとつひとつ覆さなきゃいけない。

それをやっているのが武雄市の樋渡市長だということです。

武雄市の職員の方々は一人で4つの肩書きがある人もいる。それも部局を横断して。
facebookの担当の方は、自分で「24時間365日仕事です!」とおしゃっていました。

武雄市はとにかく戦略をもって共感をつくりだすことに力を入れています。

樋渡市長の言葉でもっとも印象に残ったもの

「スピードは最高の付加価値だ!」
a0156359_1939581.jpg
a0156359_19392626.jpg

[PR]
by takuyahamaguchi | 2012-10-04 19:49 | 活動記録 | Comments(0)

浜口卓也 1980年高知市生まれ。高知学芸高卒、早大卒。一般社団法人フューチャーデザインと創造的教育協会 事務局長。ピグマリオンノブレス高知教室代表。高知市議会議員2期。


by 浜口卓也