愛する街を守るために、この件は絶対に負けない!⑧

Commented by あさはかな… at 2012-09-28 07:10 x
討論を読みました。新聞も読みました。
建設に反対をするには、少し急ぎ過ぎではありませんか?反対者の意見だけではなく、賛成者の意見も聞くべきでしょう。環境美化に取り組んでくれるなら、協力してもらえばいいじゃないですか。
最近の新こうち未来の皆さんには、幻滅です。今回は継続審査にするべきだったと思います。

Commented by かいじ at 2012-09-28 09:21 x
私も継続審査すべきだったと思います。もう少し冷静になって、じっくり考える議員になってください。思い立った勢いだけで、まるで正義のヒーローですね。

上記のコメントをいただきましたので、ご回答申し上げます。
議会のシステムを本当に知らないのだろうと思います。
業界関係者が敢えてこういった発言をされている恐れもありますので、事実関係をはっきりとお伝えします。

お二方の論点は、「議論を急ぎすぎた」「継続審査にすべきだった」の2点です。

順次まいりましょう!

まず、「継続審査にすべきだった」と一番申し上げたかったのは私の方です!今回の展開はあまりにも拙速すぎました。
私がこの話を知ったのは、ずっとお知らせしてきた通り、高知新聞の報道です。
新聞記者さんよりも遅く知ったのでした。
そしてギャンブル施設建設の件が気になっており、何もないまま9月議会へ突入。
9月議会に反対の陳情が出されていた、という事実。(よくぞご提出いただきました!)

そして執行部から報告があったのが、個人質問後の経済文教委員会。

議会への報告は、このときが初めてでした。もう終盤ですよ。

そして、陳情の審査をいかにするべきか。今議会で結論を出すか、「継続審査」にすべきか。
これは経済文教委員会での話。

私の所属は「厚生委員会」です。私は議論に加わりたくても加われない立場です。

そして、経済文教委員会に所属している我が会派議員の主張は、ブログでもお伝えしてきた通り、
「継続審査」にすべき。

経済文教委員会議事録をご覧ください。これは国語の問題ではなく、数学の問題です。
誰が結論を急ぐべく、今議会で結論を出そうとしていたのか、はっきり記録されています。
さあ、誰だと思いますか?どの会派の方だったでしょうか?皆まで言うな!
上記のコメントをくださった方には、住所をお知らせいただければ、特別に議事録をお送り致します!

ここまでで議論終了!なのですが、まだまだいきましょう!

そしてやむなく、本会議での採決をすることに。

私は私の考えを、賛成討論として述べさせていただこうと考えました。私なりの意見を。

これは全議員できます。私が抽選で選ばれた訳ではありません。反対討論もできましたよね。
まあ私が参加できなかった委員会で話はほぼ終わってましたが。

そして、採決へ。

採決は出席議員の賛成多数で可決します。今さらですが。

私一人の一存で決定した訳ではありません。
他の議員の方々が賛成したから、可決したのであります。

ですから、上記のコメントをされた方々は、私以外の賛成した議員全員に同じことを言ってください。

私の賛成討論が賛成した全議員をあの場所で動かすことができたのであれば、それはそれで嬉しいですが、そんなに甘いわけないですよね。

そしてこのような話ぐらいで私をヒーロー呼ばわりしないでください!
多くの先人に申し訳がありません。
やらなければならないことは他に山ほどあります!

以上がコメントへの回答です。今回の決定を急ごうとしていたのはどちらなのでしょうか?愚問ですね。

本当に議会のシステムをご存知ないようでしたので、回答させていただきました。

万が一、業界関係者及び議員関係者が故意にこのようなコメントをされた場合、

あなた方は、ただの卑怯者です。
あなた方は、ただの無礼者です。

開かれた場所で議論しましょうよ!
実名を名乗ってください。面と向かって議論しましょう!
私はどこへでも行きますよ。できるだけ反対意見が多い方がいいですね!

反論ならどんどんしてください!とことん議論しましょう!
[PR]
Commented by あさはかな… at 2012-09-28 21:02 x
何を興奮されているのか…
今の高知市議会は、ケーブルテレビのみの中継。本会議の議事録が閲覧できるようになるのは3カ月後。委員会記録については半年後。こんな状態で、いったいどうやって真実を知ることができますか?
継続審査と、福島議員が委員会で言ったのですか?継続を採決したのですか?あなたは本会議で、「継続」と叫びましたか?そして継続を採決しましたか?それを教えてください。
by takuyahamaguchi | 2012-09-28 16:48 | 政策について | Comments(1)

浜口卓也 1980年高知市生まれ。高知学芸高卒、早大卒。一般社団法人フューチャーデザインと創造的教育協会 事務局長。ピグマリオンノブレス高知教室代表。高知市議会議員2期。


by 浜口卓也