吹田からの使者


a0156359_12294661.jpg

9/7(金)にお送りしました、Bar Learning Commons vol.16「吹田市議会議員 足立ノブカツがやってくる」にお越しいただき誠にありがとうございました。

足立さんのFacebookを見ておりますと最近、路上でトークライブを行なっているようです。

吹田の皆さまは要チェックですね。

なぜ路上?なぜトークライブを?

それこそがこのBar Learning Commons の影響だというのですから、嬉しいやら恥ずかしいやら。

足立さんがお客様としてご来店いただいたのがvol.5。

そうです路上DJ集団Auto-rail Freaksがゲストに来てくれた回だったのです。

足立さんは彼らの話にインスパイアされ、ラーニングコモンズと路上DJを掛け合わせ、

吹田の駅前で毎週、路上トークライブを始めるようになったのだそうです。

人間の影響って素晴らしい。

ですから、足立議員はかなりイケイケです。

当日もスーツを忘れたと言いながら、短パンTシャツ姿。

しかも、そのTシャツは私が開催した「安藤忠雄講演会」のスタッフTシャツです。

そうです、そうなんです、足立さんもいう通り政治は自由なんです。

a0156359_12352112.jpg

大阪生まれの足立さん。

お父様の格言は小学生から常に聞かされていた「人を使う側に立つか、使われる側に立つか」。

大学生の頃にバイクの事故に巻き込まれ、生死を彷徨った経験があり、そこから生きることへの考えが変わったのだそうです。

思いっきり生きなければならないと。

大学生で議員インターンシップに応募。

議員がどんなものか見てやろうと上から目線だったが、その行った先が、現在龍馬プロジェクト全国会会長を務める神谷さんのところだった。

これも運命ですね。弁護士を目指していたが、政治家を志すように。

龍馬プロジェクトを応援していたら、たまたま25歳だったことから、神谷さんに勧められ、突然、吹田市議会議員の選挙に出馬することに。

「アタック25」と言うキャッチフレーズで自転車で活動を開始。

必死の思いで、初当選を果たす。

a0156359_12303044.jpg

30歳になる前に、ある人からの勧めで、アイアンマンレース、ウルトラマラソン出場と限界に挑戦。

吹田市議会の現場では、議会質問で市の方針を変えさせた経験が自信に。

自分なりの議会改革プランもあるそうです。これについては結構マニアックなのでまたの機会に。

新しい考え方でもって、少しずつ政治の世界を変えている足立さん。頼もしい限りです。


アフターパーティーでは「これ言うの忘れてました。」と足立さん。

「お正月に家族がみんなアメリカに行ってしまっていたので、吹田の家から歩いてお伊勢さんに初詣に行きました。」

「えっ?」と一同。

「途中、雪山で野宿した時は寒くて辛かったです。」と足立さん。

この方、きっと将来は大物になるに違いありません。

a0156359_12375311.jpg


[PR]
# by takuyahamaguchi | 2018-09-16 12:46 | BAR Leaning commons | Comments(0)

a0156359_19293931.jpeg


今回のゲストは、高知県いの町にあります笹岡鋏製作所から鍛治師の笹岡悟様をゲストにお招きいたします。


鍛冶屋のお仕事とはどのようなものなのでしょうか。
普段から何気なく使っているハサミや包丁。
それにはどんな思いが込められているのでしょうか。
そのお仕事の哲学、今後目指していることなどお伺いできればと思います。
皆様のご来店心よりお待ちしております。

聞き手は、北添建築研究室 代表の北添幸誠氏。

Bar Learning Commons は「それぞれのフューチャーデザイン」をテーマに毎回様々なゲストをお招きし、そのお仕事や人生にかける想いをお伺いしている、大人のための学びの空間です。

入場料1500円(ワンドリンク付き)
平成30年9月14日(金)夜7時 アフターパーティーもございます。
場所:高知市帯屋町一丁目14-20 フューチャーデザインと創造的教育協会3階

[PR]
# by takuyahamaguchi | 2018-09-13 19:33 | BAR Leaning commons | Comments(0)

浜口卓也 1980年高知市生まれ。高知学芸高卒、早大卒。一般社団法人フューチャーデザインと創造的教育協会 事務局長。ピグマリオンノブレス高知教室代表。高知市議会議員2期。


by 浜口卓也