高知市議会12月定例会における個人質問の日程が決まりました。

平成29年12月18日 (月) 午後2時 高知市議会本会議場
質問項目
○特別支援教育のあり方について
○卸売市場について
◯新図書館西敷地について

ケーブルテレビでの中継もございます。傍聴にも是非お越しください。

*******************************************

今後の予定や勉強会のご案内です。

12月18日(月)午後2時 12月議会個人質問 高知市議会本会議場

12月23日(土)午後1:30 天皇誕生日奉祝式典 高知会館
「記念講演:吉木誉絵 先生 古事記に見る天皇と日本のアイデンティティー」


*******************************************

[PR]
# by takuyahamaguchi | 2017-12-12 20:03 | 議会について | Comments(0)
a0156359_17281427.jpeg

私なりに社会を見ていますと、戸惑うことが多くあります。
何を目指しているのだろうか。

ローマ帝国の時代もそうですし、岡潔先生たちが過ごした時代、いわゆる「戦前」と現代を比べましても以前の方が知性が高かったことに衝撃を受けます。
現在の学校のシステムや社会のシステムは何のために存在しているのでしょうか。
これらを柔軟に変えることこそ、政治の役割でありますが、既得権を守ることが政治の役割になってしまいました。これでは若い方々が政治に関心を持つはずもありません。

我が国を地域をどの方向に持っていくべきか、という遠大な理想がない限り、政策という具体策もありようはずがありません。ローマ帝国は遥か彼方でありますが、我が国においては戦前の方が確実に知的レベルが高かったことが分かります。なのに何もしないのはあまりに不可解であります。戦前=戦争というプロパガンダによって失ったものはあまりにも大きい気がしています。

私はもちろん戦後生まれですので、戦前がどうだったかは身をもっては分かりませんが、岡潔先生や寺田寅彦先生の随筆を読む限りでは、興味の向くままに研究されて、それでいて高い知性が育まれたことが分かります。

戦前=軍国主義=敗戦という意味のないプロパガンダからは本当に卒業すべきです。
私も含めて多くの人々が現代のシステムに疑問を持ちながら、それでいて乗らざるを得ない状況です。
受験勉強とは何なのでしょうか?いつも意味がわかりません。ただの産業でしょうか?
人間の知性を高めるためにあらゆることが行われる世界が必要だと思います。

*******************************************

今後の予定や勉強会のご案内です。

12月5日(火)夜7時 第2回 政治研究会「経済とは何か」
 場所:ピグマリオンノブレス高知教室(高知市廿代町14-8TTビル2階南)

12月7日(木)昼1時 市政報告会(昼の部)
 場所:ピグマリオンノブレス高知教室(高知市廿代町14-8TTビル2階南)

12月7日(木)夜7時 市政報告会(夜の部)
 場所:ピグマリオンノブレス高知教室(高知市廿代町14-8TTビル2階南)

*******************************************

[PR]
# by takuyahamaguchi | 2017-11-29 17:30 | 日々のあれこれ | Comments(0)

浜口卓也(37才)平成27年4月、高知市議会議員選挙2期目当選。ローマ人の物語全43巻(塩野七生著)読破を目指しております。現在、文庫版28巻目に突入。


by 浜口卓也